HOME  関西クリエイティブ学院とは
  • 関西クリエイティブ学院とは
  • 校長の挨拶
  • 関西クリエイティブ学院の特長
  • 資料請求 Request
  • お問合せ Contact
  • 学校案内 School prospectus

関西クリエイティブ学院とは 「心を言葉で伝えたい」「心トキメク写真を撮りたい」「心に響くデザインを発信したい」あなたの想いを、カタチに。夢をリアルに。

モノづくりの「現場」から、未来のクリエイターを育てます。

関西クリエイティブ学院は、社会人やフリーター・主婦から大学生・高校生まで、どんな方でも受講できるマスコミ・クリエイタースクールです。趣味として写真や文章、デザインがうまくなりたい方から、雑誌編集、ライター、コピーライター、カメラ、グラフィックデザイン、WEBデザインなどのクリエイティブ業界を本気で目指す方まで、学ぶことができます。母体となるのは、関西最大級のクリエイティブカンパニー「トライアウト」。編集プロダクションとして、25年以上、雑誌制作に携わってきた「トライアウト」ならではの「100%現役クリエイター講師」と「実践型カリキュラム」により、必要なスキルをスピーディに身に付けることが可能です。関西クリエイティブ学院が誇る「現場力」で、即戦力となるクリエイターを養成します。

マスコミ・クリエイティブ業界を目指す方へ

編集者やライター、カメラマン、デザイナーになるためには

意外と知られていませんが、雑誌は出版社だけで作っているわけではありません。またみなさんが情報源とするWEBサイトも運営会社で作っていないケースがほとんどです。基本的には、大枠の企画を立てた後、「編集プロダクション」や「写真事務所」、「デザイン会社」、「広告代理店」などの外部の会社に制作を委託しています。

雑誌・WEBサイトはどのようにしてできるのか

出版社 WEBサイト運営会社 編集プロダクション ・情報を仕入れ、掲載内容を提案する ・取材や原稿の作成を行う 編集者/エディター/ライター 写真事務所 ・誌面やサイトに掲載する写真を撮影する カメラマン デザイン会社 ・誌面やサイトのデザインを制作する グラフィックデザイナー/Webデザイナー 広告代理店 ・誌面やサイトの広告効果を上げる提案を行う プランナー/ディレクター/コピーライター/デザイナー

例えばファッション雑誌であれば、今の流行は何か、どんな記事にすれば読んでもらえるのかを考え、それに合う店や人を調べて取材をして、原稿を書くという仕事は「編集プロダクション」が行っています。ファッションサイトやグルメ雑誌・グルメサイト、情報誌・情報サイトも全て同じ仕組みで成り立っています。「編集プロダクション」のライターと「写真事務所」のカメラマンが取材を行い、ライターの作った原稿とカメラマンの写真を元に「デザイン会社」のデザイナーが組み立てます。また広告ページについては、広告代理店のプランナーやディレクター、コピーライターが作成します。
関西クリエイティブ学院を運営をしている株式会社トライアウトは、その「編集プロダクション」や「写真事務所」、「デザイン会社」、「広告代理店」の機能を全て有する日本でも珍しい会社です。
“編集者・ライター=出版社”と考えている方は多いと思いますが、世間でイメージされる仕事を行っているのは「編集プロダクション」等の会社です。編集者やライター、カメラマン、デザイナーになるには、世間で知られている出版社やWEBサイト運営会社に入るだけが道ではありません。きちんとした知識と考え方を身につけて、編集プロダクションや写真事務所、デザイン会社に入るのも一つの方法です。
関西クリエイティブ学院では、実際の業務で培った経験を生かして、みなさんの夢をかなえるお手伝いをします。

なぜマスコミ業界は経験者しか採用しないのか?

日本、特に関西のマスコミ業界は、経験者か未経験者かで就職できるかどうかが大きく変わります。なぜなら市場がせまいため、募集人数よりも経験者の方が多く、未経験者を採用するメリットが少ないからです。
未経験者を一から育てるとなれば、コストと時間ががかかるため、多くの会社では新卒採用もなく、経験者の中途採用のみという現状です。

未経験というだけで、書類選考が通らない?

そのため未経験というだけで、面接どころか書類選考で落ちてしまいます。未経験者は書類で落ちてしまうのであれば、結局経験者になるチャンスは一生無いということになってしまいます。そのため、ほとんどの方が専門学校などで学びますが、学校の授業を受けただけでは、「実務経験」を積むことができず、一般的に「未経験」のままです。

関西クリエイティブ学院は何が違うのか?

関西クリエイティブ学院では、技術レベルが高いと思われた方とアルバイト契約を結びます。アルバイトとして担当する仕事は運営会社トライアウトが携わっている、プロの仕事です。そのため、マスコミ業界に就職した場合とほぼ同じ内容の経験を積むことができます。本来であれば、就職しなければなれなかった「経験者」に最短距離でなることができます。

関西クリエイティブ学院のミッション

「“経験者しか採用しない⇔新しい人材が生まれない”というマスコミ業界の悪循環を打破し、関西から業界を盛り上げるとともに、業界全体を活性化させる。」ことが、関西クリエイティブ学院の願いであり、使命であると考えています。

But! 本当に業界のことを知りたいなら実際にやってみないと分かりません。 雑誌編集、ライター、カメラマン、デザイナー、広告代理店に共通することは、全てイメージ先行の職種ということです。何となく「ドラマで見たことがある」や「言葉のイメージから想像して」など…実際にどんな仕事をしているかは、意外と知られていません。運営する株式会社トライアウトでも、入社前の希望部署と違う部署で働く人は少なくありません。将来はライターを目指されている方も、もしかすると違う業種が自分のやりたいことかもしれません。いくら資料を見ても分かりません。関西クリエイティブ学院は講師が現役クリエイターですので、直接話を聞くことができます。また同じ建物で実際に社員が働いていますので、希望があれば見学することもできます。最後まで読んで頂いたみなさまありがとうございます
校長の挨拶 関西クリエイティブ学院の特長
お申込み・お問合せはコチラ TEL06-6271-3044 E-mail: school@tryout.co.jp 受講申込み お問合せ